たいふうとじしん

しろまるさん達の暮らす北海道。

台風21号がお越しになった翌日に大地震というわざわい。

遠方の友人たちにたいへんなご心配をおかけしましたが

しろまるさんは無事でとてもとても元気です。

しろまるさんの暮らす古い家が壊れちゃあいないかと

近くの友人らにも会う人会う人に「だいじょうぶだったかい?!」と

ご心配をいただきました。

みんなもたいへんだったのにね。ありがとうございます。

みなさんのこころに留めていただいていること

ありがたく。とにかくありがたく。。。

併し、やっぱり台風も地震も本当にお家が壊れてしまうかも・・・!

と、ひやひやどきどきしました。

でも実際は台風で庭の柳が一本倒れ、しばらく使っていなかった掘っ立て小屋の骨組みが崩れ

地震ではまるさんの部屋のこけしが倒れたくらいでした。

停電、断水がほんの数日。

家電の少ないしろまるさんちは電気はさほど不便に感じません。

水の蓄えは少なかったけれど、なんとかなりました。

毎朝の風景。通称むくむくハウス(しろさんが建てた小屋)のかまどで珈琲を淹れて御飯を炊く。

町中はガソリンも食糧も不足しているとの情報だったので、どこへもでかけずに

家にあったものでパンケーキ。

停電で冷蔵庫が使えないのだけはちょっぴり不便だった。

少し冷蔵庫に頼りすぎてたんだなぁと思ったり。

そんなんで冷凍していたトマトを煮て瓶詰め保存。

冷凍していたブルーベリーとグスベリもジャムにして瓶詰め保存。

ほかに冷凍していた食材も塩を濃い目にして火を入れる。

冷蔵庫にあった豆腐は味噌漬けに。

愛犬あすぱら君の御飯用鶏ムネ肉はボイルして酢であえて。

停電中はどこにもでかけずになんだか料理ばかりしていました。

台風で倒れたご近所の木たち。。。

愛犬あすぱらくんのいつもの散歩道。

通れなくなってしまいました。

「立派だねぇ。すてきだねぇ。」と話しかけていた木だった。

木にはよく鳶がとまっていてピーヒョローピーヒョローとかっこよくこの木のまわりを飛んでいた。

その木をご近所さんが薪ストーブ暮らしのしろまるさんちにどんどこどんどこと運んでくれました。

他にもたくさんの木たちが運ばれて・・・

枝豆と南瓜も運ばれて!

トウキビもトマトも運ばれて!

うれしいおいしい。

台風で倒れてしろまるさんちに来てくれた木たちは

数年分の薪になるでしょう。

たいせつにたいせつに使います。

感謝をこめて。

毎日拝む朝陽も、夜空の月も星も

たいへんなことがあったあとはより一層うつくしく目に映るね。

どうかみなさんにすこやかなる日がおとずれますように。。。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索